スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫の獣

プイとそっぽ向いた瞬間。
どこからかピチャリと水音が聞こえて来る。

水道の栓が緩んでいるのだろうか。だが、旧校舎は電気だけでなく水道も止められている筈だ。それに少し粘り気のある音のように感じた。

ピチャ、ピチャリ。

間隔をあけて音が聞こえる。
それに足立の腕を爪が食い込むほどギリギリと締め上げる。

「な、ななな何の音だっ」

噛みまくってスクラッチしてしまった。だが、恥ずかしいと思う余裕もない。
音がこちらに近づいているような気がする。
佐倉小花の幽霊は血まみれって言ってた。だから、もしかしたらもしかすると……これはその血が滴っている音なのかも知れないじゃないか!

「ふっ、嫌いな人ほど早く見つけるって本当ですね」
「そんなのはどうでもいい、帰ろう!戻ろう!いますぐに!」

グイグイ引っ張るのに足立はそれを無視して先へと進む。

いーやーだー。

見たくない、怖いと思うのに足立の持つペンライトの光を目が追ってしまう。
廊下の先、薄汚れた暗い闇の中に何かがいた。
血を流す幽霊と聞いていたから当然、それを想像していた。でも、目に映るのは想像と違っていた。

モゾモゾと蠢く黒い塊。そこから白い腕がニュッと飛び出して緩慢に動く。

キャー!
何なの、あれ!思ってたよりずっと怖いんですけどー!

塊と思ったのは長い髪の毛だった。
それはどうやら四つん這いになって移動しているらしい。腕を伸ばして動く度に血が流れ、先ほどの水音が聞こえて来る。

もうやだ、ここにいたくない見たくない。いっその事、気絶したい!

目を離す事も出来ないまま呆然としていると、俺の手を振り払って足立が幽霊に近づく。

おい、剛胆だな。
お前の心臓は何で出来るの、いったい。

目を剥く俺をよそに足立は幽霊に何やら話しかけ、マジマジと見下ろしている。そして俺を振り返り「ちょっと」と手招きする。
いや、それ『ちょっと』ってレベルじゃないから!
そんな気安く呼んでいい状況じゃないでしょ!

「見て下さい」

俺の手を掴むと強引に幽霊の傍まで引っ張る。思いのほか力が強い事で。
長い黒髪が乱れて、蒼白い顔を隠している。辛うじて見て取れる目はどこを見ているのか虚ろだ。もしかしたら俺たちの存在を認識していないのかも知れない。
それに束の間、ホッとするが視線を降ろしてギョッとする。

廊下を這って移動する理由が分かったからだ。
幽霊の短いスカート、そこから覗く筈の足が一つ足りない。いや、ある事はあるのだが、右足は膝の辺りで切り取られている。その傷口から血が溢れ流れ出しているのだ。

「これが死因なのか……?」
「違うでしょう、首も切られているようですから」

え、お前もしかして幽霊の髪を掻き上げてそれを確認したの?
恐ろしい子……。

「どうしようもないので今日は一旦引き上げましょうか」

それは喜ぶべき事なのかも知れない。
だって、俺は幽霊なんか見たくないんだ。だからと言って、この状態の女子を放置するなんて……何て言うか極悪非道じゃないか?

「どうやら彼女にはこちらの声が聞こえていないようなんです。それどころか僕たちが見えているのかどうかも怪しい、この状態ではお手上げです」

そう言うと、さっさと踵を返してしまう。
足立の華奢な背中を床を這う少女を見比べて、ポケットに入れたお守りを取り出す。
別に考えがあった訳じゃない。ただ、何か縋る物があった方がマシだろうと思っただけだ。
床に爪を立てる少女の手に交通安全のお守りを握らせる。


旧校舎を出た所で、足立がふと立ち止まる。

「まだお時間いいですか」

言われて時計を見ると、既に下校時間を過ぎていた。
だが、家に帰ったところでする事もないし、何より落ち着かないだろう。だから足立の言葉に「ああ」と頷く。

場所を移動して、住宅街にほど近い所にあるファミレスだ。
平日だからか、それとも普段からなのか。夕飯時だと言うのに客の数が少なくて、他人事ながら心配になる。

まぁ、それは兎も角。
ハンバーグを頬張る足立をつくづくと眺め、呆れの溜め息をこぼす。
ついさっき血みどろの幽霊を見たばかりでハンバーグとか……この子の神経どうなってんの。
そう言う俺は食欲なんかある訳なくて、珈琲一択だ。それすら喉を通らないんだけど何も頼まない訳には行かないから仕方ない。

粗方食べ終えた足立が「ご馳走さまでした」と呟くのを聞いて、俺の奢りだっけ?と首を捻る。まぁ、それぐらい払えない訳じゃないけど何となく釈然としない。でも、それを言ったら全てが釈然としないんだから今更か。

「さて、今後の方針を話しておこうと思います」

そう言ってノートを取り出し、何やら書いて行く。興味ないけど、身を乗り出して覗き込むとこれまでの出来事を纏めているらしい。


佐倉小花、行方不明
駅で目撃したという証言あり
その後の足取りは不明


続けてさっき見たのも書いて行く。


旧校舎の廊下で幽霊を目撃
右足欠損。首からも出血。死因は不明


足立のメモを見て、考える。
さっきの幽霊は右足と首に大怪我負ってたって事だよな。それが原因で死んだとする。そこまではいい。納得できる。
だが、どんな事故に遭えばそんな大怪我を負うんだ?
俺の疑問に答えるように足立が口を開く。

「事故じゃないと思います。誰かが彼女を殺したんでしょう」

え。
殺人事件だと言うのか?
そりゃ、さっきの怪我を見ればそう思うしかないような気はするけど、だからって自分の身近で殺人事件なんて……絶対にないとは言わないけど、想像してなかったと言うのが本音だ。

「そして恐らく……彼女は自分の右足を探しているんだと思います」

そうなのか?
もし、俺が自分の手足を失ったらどうだろう。
そりゃショックだ。最初は信じられないだろう。
だからと言って、それを見つけ出してどうすると言うんだ。上手くすれば手術でくっ付けられるかも知れない。でも、肝心の本人がもう死んでいるんだ。足をくっ付けても意味がない。

「こういうのは理屈じゃないんですよ」

苦笑しながら足立が続けて言う。

「生まれた時の姿でないと成仏出来ないという考えもありますから」

そういうものだろうか。まぁ、死んだ事のない俺がこれ以上あれこれ考えても答えが出る筈ないか。

「そういう訳で今日は無駄足でしたね」
「え?」

何を言うんだ。
佐倉小花の幽霊が出ると聞いて旧校舎に行って幽霊と遭遇したんだから、無駄足ではないだろう。そうじゃなかったら怖い思いまでして行った俺が報われない。

「先輩は佐倉小花の顔を知ってますか」

知る訳ない。何しろ五年前に行方不明になっているんだ。その頃、俺はまだ中学生だったんだって。
そう告げると足立が鞄から写真を取り出す。家族から預かっていたらしい。

写真を見て、うーんと唸る。
似てると言えば似ているけど、違うと言われたら違うような気もする。

女子の顔なんてそうマジマジと見ないし、更に言うならさ幽霊を凝視する度胸が俺にある筈もない。
強いて言うなら髪の長さは同じくらいか……?

「別人でしょう」

俺の考えを見抜いたように足立がズバッと言う。

「俺は同じように見えるけど」

そう言い返すと、足立が肩を竦める。
どうして呆れられなきゃいけないんだ。全くもって解せない。

「写真を見せる前に言って置くべきでしたね。さっき見た彼女の服装、覚えてますか」

忘れられる筈がない。あんなにグロい幽霊を見たのは始めてなんだ。

「制服だったな」
「もっと具体的に」

そう言われて全体像をぼやかして脳内で再生しようと試みる。
長い髪が乱れて背中に掛かっていた。あと、足立が足を見ろと言うからそっちも見たか。

「紺色のスカートに赤いスカーフ……」

言いながら自分でもおかしいと気付く。
さっきの幽霊は冬服姿だった。それは別におかしくない。
死亡した季節がいつだったのか俺は知らないんだから、それが冬だったとしても矛盾しない。だが、幽霊が着ていたのはセーラー服だ。乱れた髪が三角形に折られたスカーフの上に散っていた。

でも、うちの制服は男女ともにブレザーだ。グレーのジャケットにチェックのスラックス、女子は同じ柄のスカート。

「やっと気付きましたか。確認していませんけど、佐倉小花がいた時代も制服はブレザーだったと思います」

その可能性は高い。制服に詳しい訳ではないけど、地元民だから何となく分かる。俺が物心付いた頃にはこの界隈の学校は殆どがブレザーだった筈だ。セーラー服なんて間近で見た事もない。

だとしたら、さっきの幽霊は誰なんだ?
首を傾げる俺を見て、足立が困ったように溜め息をつく。

「思ったよりも面倒な事になりそうですね」



教材室って言うか倉庫だったらしい。
乱雑に詰まれた段ボールを掻き分け、二人で佐倉小花を探す。

「あ、これですね」

山と詰まれた段ボールの一番下を足立が指差す。

「どうして分かるんだ」
「匂いがします」

そうか?
俺には埃っぽい匂いしかしないけど。
でも、足立がそう言うならそこに佐倉小花はいるのだろう。
苦労して上に乗った段ボールをどかす。

「開けて確認するか?」
「しない方がいいでしょう」
「どうして」
「……五年前の遺体ですよ?」

う……それはちょっと見たくないな。
白骨化してたらまだいいが、少しでも残ってたらグロいなんてものじゃない。
ああ、だからさっき匂いって言ったのか。

「このまま佐倉小花の自宅まで届けましょう」
「どうやって」
「タクシーを呼びます」

そう言ってさっさと廊下に出てしまう。ちょっと待て。
タクシーまでどうやって運ぶんだ。まさか俺に持って行けと言うのか?
廊下で電話を使う足立とすぐ傍にある段ボールを見比べる。

「早くして下さい」

やっぱり俺が運ぶのか。
まぁ、ここまで来たら別にいいけど。
段ボールに手を掛けると予想に反してかなり重い。これじゃ持ち上げるのは無理だ。かと言って女の子の遺体を引きずる訳にも行かないし。

どうしようか迷って、段ボールの口を開く。すると重いのも当然で、中にはアルミ製の旅行鞄が入っていた。取手がある分、こっちの方が持ちやすいだろう。
思った通り、段ボールよりはマシだった。
それを苦労して外まで運び、待っていたタクシーに乗り込む。
運転手がトランクに入れるかと聞いてきたが、少し考えて断る。可哀想だ。

二十分ほど揺られて到着したのは普通の一軒家だった。表札に「佐倉」とあるので、ここが佐倉小花の自宅に間違いないのだろう。
俺が旅行鞄を運び出している間に支払いを済ませた足立が佐倉家のインターホンを押す。

「林先輩は帰った方がいいですね」
「そうなのか?」
「はい。これ以上の面倒に巻き込まれたくないなら」

少し考えて頷き返す。
俺が佐倉小花の両親と会ったところで、いい事は何もないだろう。何も説明できないし、あちらからしたら俺が何者なのかも知らないだろうし。

「じゃ、悪いけど」
「いえ、こちらこそ」

小さく呟いた足立が続けて言う。

「先輩のおかげで助かりました、ありがとうございます」

殊勝なその言葉に思わず振り向いてしまう。だが、足立はさっさと行けと言わんばかりに背中を向けたままだ。

まぁ、いいか。

聞きたい事は山ほどあるが、無事に終わったんだから今日は帰るとするか。
風呂に入ってグッスリ寝て、明日、足立に聞けばいい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。