スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫の獣

そう思ったのに、教室にいないとはこれ如何に。

クラスを聞いていなかったから、それなりに苦労して突き止めた訳だけど、呼び出して貰ったら「今日休みですよ」と言われてしまった。
キョトンと俺を見上げて来る一年坊主をマジマジと見つめる。だんだん、一年生の顔色が悪くなって来たような気もするが、そんな事に構ってられる筈もない。

休みだと……昨日別れた時にはピンピンしてたじゃないか。どう考えてもサボりだ。その理由はおそらく、俺を避けているのだろう。
昨夜の寝不足もあって、眉間がぎゅうっと狭まって行くのが自分でも分かる。

そう、昨日はあれから眠れなかった。どうなったのか気になったし、何より夢見が悪かった。
佐倉小花の幽霊は泣いてただけで別に恐ろしくはなかった。でも、そう割り切って考えられるものじゃない。

幽霊ってだけで怖いんだよ。
何かされた訳じゃないけど、死んでるのにそこにいるって事実がもう怖い。
その所為だと思うが、うとうとしては目が覚めるというのを繰り返した。しかも、夢の中でまで旧校舎にいたような気がする。

幽霊と出会った恐怖は時間と共に薄まるかも知れない。だが、このモヤモヤは事の顛末を説明して貰うまで消えそうにない。だから何としても足立の説明を聞きたかったんだが。
でも何でだ。
どうして急に避けられるんだ、その理由が思いつかない。

顔を顰めたまま考え込んでいると、目の前にいる一年生が泣出しそうな気配がする。これだから一般の生徒とは口をききたくなかったのに。

「悪い、ありがとう」

そう言うと、ピュッと音がしそうなスピードで一年坊主がどこかへと走り去る。
昔のアメコミでああいう走り方するウサギがいたな。まぁ、あのウサギは怯えてた訳じゃないけど。

さて、どうしたものか。
風紀の権限を使えば、足立の自宅はすぐに分かるだろう。いや、使うまでもなく全校生徒の名簿が風紀室にある筈だ。
だが、居留守を使われたらそこまでだ。むしろ警戒させてしまうかも知れない。

悶々としたまま一日を終え、校舎の見回りに行く。
下校時間が近い所為か、グラウンドから引き上げて行く運動部員たちが俺を見て慌てたように逃げ出す。
森曰く、俺は黙っていれば『怖い』人間に見えるのだそうだ。
実体はヘタレだけどね、と続けられたが。
まぁ、確かに視力がよくない所為で目つきは悪い。180越えの男に睨まれたら、そりゃ怖いのかも知れないな。
校舎を見回り、異常がない事を確認して教頭にそれを確認する。
教頭は生徒たちからMr.神経質というあだ名を付けられている。
実際に神経質なのかどうかは知らないが、そう思わせる外見をしている。
五十を少し過ぎているのだが、メタボとは程遠い痩せ形だし度の強い眼鏡を掛けている。サイズがあってないのか、それを何度も押し上げる仕草は神経質と言うより面倒くさそうな人間に見えて仕方ない。
とは言っても、そんなに関わりはないので面倒も何もないのだが。
何はともあれ、報告を終えて帰ろうかと鞄を取りに行く。

廊下を歩いていると、いやでも旧校舎が視界に入ってしまう。だが、もうあそこに佐倉小花はいないのだ。恐れる必要など何もない。
足取り軽く自分の教室に行くと、そこには思わぬ待ち人の姿が。

「やっと来た」

そう言って俺の席から立ち上がったのは休んでいた筈の足立だった。



言ってやりたい事は山ほどある。質問だって沢山ある。
俺が帰ったあと、佐倉小花の両親に何て説明したのか。
これでも一応テレビのニュースはチェックしたんだ。五年前に行方不明になってた佐倉小花の遺体が見つかった訳だから、何かしらニュースになってるだろうと思ったのだ。
しかし結果は否だ。
どこのテレビ局もそんなニュースは流してなかった。それはつまり警察沙汰になってないって事なんじゃないか?
でも、それはおかしい。どう考えても納得できない。

ただの事故で死亡したのなら、ニュースにならない事もあるだろう。
だが、佐倉小花の幽霊が負っていた傷。あれはどう見ても誰かに刺されたものだった。
旧校舎で何者かに殺された。
そう思っていいだろう。それなのにニュースになってないという事は、足立か或いは佐倉小花の両親が表沙汰にしたくないと思っているのだろう。

その理由が知りたい。

興味本位ではあるが、ここまで関わったんだからどう決着がついたのか知りたいと思うのが人情だろう。
それなのに足立はまるで待ちくたびれたとでも言わんばかりに「帰りますよ」と歩き出す。
勝手に待ってた癖に偉そうだな。
そうは思ったものの、ここで言い合いをして教頭に見つかったら面倒な事になる。慌てて鞄を掴んで足立を追い掛ける。
俺を待っていた筈なのに足立は振り返る事なく、さくさくと歩く。その足取りに迷いはなく、当然のように駅前のカラオケボックスへと入って行く。
何でまた。
別にカラオケなんてしたくないし、そもそも足立と二人でカラオケに来るほど仲がいい訳でもない。
怪訝に思いながら部屋に入ると、足立がニコリともしないまま肩にさげたトートバッグから何やら取り出す。

紙だ。いや、違うな……何だかお札みたいな?

「何するんだ?」

怪訝に思いながら覗き込むと、呆れたような視線が返って来る。

「解決したら右目に取り憑いているのを祓うって約束したじゃないですか」

あ……そうだった。
確かにそう約束した。でも、解決ってどう解決したんだ。まずはそれを説明しろ。

「いいから座って目を閉じて下さい」

俺の言い分に耳を貸そうともせずに、足立がソファを指差す。仕方ないので、腰を降ろしはするが目を閉じる事はしない。

「何ですか」
「ちゃんと説明しろ」
「あとで」

短くそう言うと、グイグイ目蓋を引っ張って来やがる。やめろ、睫毛抜ける。
振り払って、今度は自分で目を閉じる。

「深呼吸して、自分の呼吸音に意識を集中して下さい」

言われた通り、耳を澄ませながら深呼吸する。徐々に手足から力が抜け、だらしなくソファに寄りかかる。

「ん……」

足立の息が俺のそれに重なって聞こえなくなる。
上も下もない、真っ暗な水の中を漂っているような不思議な感覚。それに身を委ねていると、突如として物凄い痛みに襲われる。

「痛ぇ!!」

思わず大声を上げて飛び上がる。痛い!
痛いって言うか熱い!
熱した鉄串を刺されたのかと思うほど、目の奥が熱いし痛い。

「チッ」

そう舌打ちしたのは足立だ。
俺が目を押さえて悶え苦しんでいるのを見て舌打ち。何なの、この子。マジで鬼かよ。

「うぅ」

呻きながら流れる涙を手で拭う。血かと思ったが、赤くはないのでただの涙のようだった。

「困りましたね」

平然とそんな事言われても、何に困ってるのかさっぱり見当がつかない。だいたいからして、困ってるようには聞こえない。

「何がだ」

まだ熱を持ってるような気がして、ジュースの入ったグラスを目に押し当てる。
片目で見つめていると、足立がお札のような物を拾い上げる。
あれ、何で破けてるんだ?

「祓えません」

……はい?
えっと、確か自信満々に言ってたよな。それなのに今になって出来ないってどういう事?
俺が怪訝な顔をしたからだろう。足立はウンザリとした溜め息をついて向かいのソファに腰を降ろす。

「犬を放ったんですが、反対に食われました」

意味が分からん。
犬なんてどこにもいないし、食われたって何に?
そこで思い出したのは、森から聞いた話だ。
幽霊を出せと言った連中は犬の声を聞いたんだよな。まさか、犬ってその犬?

「これでも時間掛けて育ててたんですけどね……大損ですよ」

足を組んで自分のドリンクに手を伸ばす。
この場合の犬はペットとかって意味じゃないだろう、たぶん。
よく分からないけど、漫画で見た事あるぞ。式神とかって言うんじゃないか?
足立のそれが食われたって事は、だ。俺の目にいる奴はそれより強いって事になるのか。

「でも、分かった事もあります」
「何だ」

やっと痛みが引いて来て、グラスを降ろす。
医者に行った方がいいのかな。でも、きっと意味ないんだろうな。

「先輩に取り憑いてるそれ、無理に祓ったら死にますよ」

死ぬって誰が。まさか俺……?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。