スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫の獣

いつかのファミレスで食事をしたあと、唐突に足立が立ち上がる。

「行きましょうか」

行くってどこに?
ホケッと見上げていると、焦れたように舌打ちをする。

「花子さんに会いに行きますよ」
「……今から?」

もう暗いし、明日にしよう!
どうせ足立には逆らえないのだから行く事は避けられない。だからって何も深夜のこんな時間にわざわざ旧校舎に行くのは厭だ。誰が何と言っても厭なものは厭なんだ。

「昼間だと誰かに見つかるかも知れないですからね、行きますよ」

そりゃそうだろうけど、だからってこんな夜中に行く事ないだろ!

必死の抵抗にも関わらず、何故か再び学校である。
とは言っても傍目には俺が抵抗していたかどうか分からなかっただろうけどさ。
だって、足立の犬が俺の中にいるんだ。しかも、このワンコ飼い主の言う事には絶対服従なんだよ。俺の意思なんかお構いなしだ。

夜に見ると、半端なく怖い。怪談とか幽霊とか関係なしに、夜の学校とは怖いものだ。
昼間の喧噪が嘘のように静まり返った校舎。それを見上げて、どうしてうちの学校には宿直がいないんだと八つ当たりする。せめて警備会社と契約しててくれたら良かったのに。
風紀室には敷地内全ての鍵が保管されている。それを持って来いと足立に言われて、半泣きになりながら校舎に入りましたよ。

怖い、もう無理、マジで。

何もいなくても夜の学校と言うだけで、この世の何よりも怖いんだよ!
ちなみに今は俺一人。足立は旧校舎の前で俺が鍵を持って来るのを待っている。

どうして一緒に来てくれないんだよ!

そりゃ足立がいたって怖いのは同じだけど、一人よりは二人、二人より三人の方が心強いってものだろうが。
暗がりに何かいるのではないかと思って慌ててそれを打ち消す。そんな事したら何もいないのに、何か見えちゃうかも知れない!
ヒタヒタと歩く自分の足音にすらビビってしまう。いやいや、足音は俺のだけだ。決して他の物音なんか聞こえない!

心臓をバクバク言わせながら何とか風紀室に辿り着いて旧校舎の鍵を取り出す。
もうやだ。廊下を引き返す勇気なんか俺にある訳ない。
風紀室の窓を開けて、そこから外に飛び出す。
明日は朝一で登校して窓閉めとく。森に見つかるより先に登校しなくてはならないから、六時ぐらいか……まぁ、どうせ今夜は眠れないだろうから構わないだろ。

走ると怖くなると分かっているが、すぐそこに足立がいるんだ。目標があるのに走るなと言うのが無理な話だ、そうだろ。

「持って来たぞ……」

ゼェゼェ肩で息しながら鍵を差し出すと、足立がそれに鼻を鳴らす。

「そんなに急がなくても平気ですよ、夜は長いんですから」

長いからこそ急いだんだよ!
一晩中ここにいるなんて事になったら失神するぞ、今すぐに!

何はともあれ、旧校舎に入る。
気の所為かも知れないけど、寒い。鳥肌どころか、背中がゾクゾクする。

「それで、どうするんだよ」

さっさと終わらせて帰りたい一心で足立を見る。

「夢の中で花子さんはどこにいましたか」

そんなのさっきも言っただろ。廊下だよ、廊下。

「何階の?」

そう言われて、「う」と言葉を詰まらせる。
廊下なんてどの階も殆ど同じだから、花子さんが走っていたのがどこなのか特定できない。しかも、窓の外は暗くてよく見えなかったし。

「桃の花が見えてたんですよね、だとしたら一階ではないと思いますよ」

あ、そうか。見上げてたんだとしたら花が浮かび上がって見える訳ないよな。
だとしたら二階か三階。でも、そのどっちかまでは分からない。

「前に花子さんを見たのは二階の廊下でしたよね。だとしたら二階の可能性が高いですね」

俺がこれまで見た事のある幽霊はだいたい同じ場所に立っていた。だから回避する事も可能だった訳だ。
花子さんもそうだと思っていたんだけど、足立はそう考えてはいないらしい。旧校舎の中なら自由に動き回れると思っているようだ。

でも、何で?

「花子さんは廊下を這って移動してたじゃないですか」

俺の疑問に足立がそう答える。
うん、確かにそうだった。思い出したくないけど、傷口から血を流しながら這いずっていたな。

「その事から花子さんは旧校舎の中なら移動できるのだと考えられます。待ってればそのうちまた這いずって出て来ると思いますけど、花子さんは僕たちを認識していないようなので話しかけても無駄でしょう。だったら、花子さんが死んだ場所を特定する必要があります」

何て事ないように淡々とそう言うけど、血だらけの幽霊が這いずって来るのを待つってのは中々な恐怖体験だと思うぞ。お化け屋敷なんか目じゃないぐらい怖いだろうが。
それより、花子さんが殺された場所の特定なんて言われてもどうやってだよ。
そういうのは警察の仕事なんだから俺たちにできるとは思えないんだけどなぁ。
二階に向かいながら足立が言う。

「旧校舎が完全に閉鎖されたのは二十年前だそうです。それまでは幾つか教室を使ってたようですよ」
「だから?」
「二十年前までは人が出入りしてたって事です。つまり、人目があった。そんな所で犯人が花子さんを殺すとは考えられないので、閉鎖されたあとだと断定して構わないでしょう」

それが正しいとするなら、これまでの前提とあわせて考えると、犯人は二十年前と今、この学校にいる事になる。だとしたら生徒ではないのだろう。教師の誰か……年齢からして当て嵌まるのは誰だろう。当時は学生で卒業したあとに教師として戻って来た可能性だってある。いや、その可能性が高いかも知れない。
学生だった犯人が花子さんを殺し、教師として戻って来たあと佐倉小花を殺した。これなら二人の死に開きがあるのに納得できる。


犯人を絞り込む手がかりが他にもないかと考えてみる。
花子さんと佐倉小花、二人の共通点は死んだ時にこの学校の生徒だったこと。他にも何かあるだろうか。
少し考えて、ダメだと溜め息をつく。情報が少な過ぎる。
だが、そこでふと考え直す。
足立は佐倉小花の両親に依頼されて首を突っ込んだのだ。だったら俺よりも佐倉小花について詳しいんじゃないか?

「どうしたんですか」

急に黙り込んだ俺を訝しむように足立が振り返る。

「佐倉小花についてもっと調べればよかったと思って」

正直にそう言うと呆れたように鼻を鳴らす。

「前にも同じ事を言ってましたよね」
「あの時は殺されたって言われても半信半疑だったし」

すると、俺の言葉の何かに引っ掛かったらしく目元を険しくさせる。言った当人である俺は何が足立の気を引いたのか分からないのでキョトンとするしかない。

「何を調べるつもりですか」

何って、そんなの具体的に分かってたら世話ないだろ。
そうだな……たとえば、佐倉小花がどうして旧校舎で死んだのか。その理由が分かれば少しは前進するかも知れないか。
そうだ。佐倉小花は下校後の姿を駅で目撃されているんだ。それって、つまり一度帰宅してからまた学校に来たって事だろ。しかも制服のまま。
次の日じゃ間に合わない何か大切な用があったって事じゃないのか?

顔を顰めたままの足立にそう言うと、何だかよく分からない複雑な表情になる。

「注目すべきはそこじゃありません」
「じゃ、どこだよ」
「佐倉小花を駅で目撃したと証言した生徒の名前です」

え?
まさか偽証だったと言うのか?

でも、そんな事をして何のメリットがあるんだ。ここまでの前提から犯人は教師だと思っていい筈だ。生徒だと年齢があわない。
だったら共犯なのか?
だけど、どんな理由があったら殺人の手伝いをしなくちゃならないのか、俺には全く想像がつかない。


ピチャ……ズル……。


足立はそれを知っているのだろう。だから聞こうとしたのだが、途中で息を飲む。
この前と同じく、泥の中を何かが這うような音がしたのだ。いや、泥じゃなくて血だ。

花子さんがいるらしい。
またあのグロテスクなものを見るのかと思うと、気が遠くなりそうだが、こんな所で気絶したら足立は間違いなく俺を放置して行く。そんな事になったら朝になるまで片足のない花子さんい添い寝されてしまう。
カタカタ震える俺を見て、足立がうんざりとした溜め息をつく。

「いい加減、慣れるって事ができないんですか」

できたら苦労しないわ!
まだ、二回目なんだぞ。たった二回で恐怖体験に慣れる事ができるなら、俺はビビリなんかじゃなくなってるわ!
そう怒鳴り返せたらいいのだろうが、残念な事に「お、おぉ……お」と意味不明な呻き声しか出せない。自分でも本当に残念だ。

「まぁ、いいんですけどね」

そう言って肩を竦めると、迷う事なく前方にいる花子さんへと近づいて行く。
どうやら、相も変わらず廊下を這っているらしい。
その傍に膝をつき、何を思ったのか花子さんの手を掴む。

ヒィ!

幽霊の手を掴んだよ、あの子。何考えてるの!
しかもただの幽霊じゃない。血だらけの幽霊だよ!

膝が震えて立っているのもやっとの状態なので、ガクガクしながら壁に手を当てる。
もう幽霊が怖いんだか、足立が怖いんだか分からない。

「シロ」

短く呼ばれて、俺の中にいる犬が歓喜の声を上げる。
バカぁー!
こんな時に呼ぶんじゃない、お前に呼ばれたら犬がそっち行こうとするだろうが!
絶対に行くものかと壁に爪を立てるけど、足は前へと進んでいる。

俺、涙目。

でも、そんな俺の意思を無視して犬は足立の傍へと向かう。
うぅ、やっぱり血だらけだ……長い髪が散らばってるだけで怖いのに、それより黒い血が辺り一面に広がってる。

「腕を食いちぎれ」

いやいや、そんなの無理だって!
そりゃ、お前が飼ってた式神は犬なんだろうけど、今は俺の中にいるんだよ。そして、俺は人間!
どうやって幽霊の腕を食いちぎれと言うのー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。