スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女王の赤い薔薇3

教えられた通り廊下を進むと、生徒会室のドアの前に到着した。
それは当然と言えば当然なのだが、何となく意外だった。春日さんの事だから面白半分にデタラメを言ったかも知れないと、少し不安だったのだ。だから肩透かしを食らったような気がして物足りない。いやいや、それこそ気の所為だ。早くも毒されたか。
でも、こうして無事に生徒会室に到着した。あとは役員の誰かに入部届けのコピーを渡せばお役御免な筈だった。
落ち着く為に軽く呼吸を一つ。それから胸の位置に手を上げノックする。
コンコン。
思いのほか軽い音がする。
ドアの見た目は重厚そうなだが、他の教室と同じ合板なのだろう。
暫く待ってみるが返事はない。まさか、もう帰ったとか言うなよ。
今度は声を掛けながらドアをノックしてみる。
「すみません、誰かいませんか」
すると僕の声に応えるかのように室内で物音がする。良かった、誰かいる。
ドアが開いたらコピーを渡す。
たったそれだけの動作を何度も頭の中でお浚いしていると、ガタッと内側からドアが開かれる。
「あ……」
驚きの余り声が出ない。
ドアを開けたのはファンクラブがあるのではないかと思うぐらい騒がれている生徒会長その人だった。
近くで見ると思ったより背が高い。思わず足元を見下ろして段差がない事を確認する。それぐらい背が高い。
「君は一年の、」
深みのある低音で問われて、思わずハッとする。小さく頷き返して用件を切り出す。
「君塚です。部長の代理で来ました」
そう言ってコピーした入部届けを差し出すのに、会長の五十嵐さんは目を逸らしてしまう。あれ……僕に好意を寄せてるって聞いたんだけど、そうじゃないのかな。別に期待してた訳じゃないけど、何だか少しガッカリしてしまうのは目の前の生徒会長が稀に見る美形だからだろう。
「あの、」
目を逸らすだけでなく背中まで向けられてしまって、僕は手にしたコピーをどうしたらいいのか分からなくなり、途方に暮れる。
幾ら何でも失礼じゃないか、この生徒会長。こっちは初対面なんだけど。
「君塚真澄くん」
フルネームで呼ばれて今度は首を傾げてしまう。
今まで気が付かなかったけど、この学校では相手をフルネームで呼ぶ決まりがあるのかも知れない。でも、続けられた言葉に僕は顔色を変えて一歩後ろに下がる。
「四月六日生まれの牡羊座、血液型はB。好きな食べ物はパスタなどの麺類。嫌いな物は特になし。両親との三人家族で、中学二年の時に他県からこちらに引っ越して来た。受験の為にか、その跡は駅前の塾に通っていたものの、高校入学と同時に辞めている。付き合っている彼女はなし。特に親しくしている友人もいない。因みに私との相性は最高だ」
えぇっと、何これ。ちょっと怖いんですけど。
特に隠している事ではないのだから、調べようと思えばすぐに分かるような事ばかりだ。でも、初対面の相手にズバズバ言われて楽しい気分になるようなものじゃない。どちらかと言えば気味が悪い。しかも最後の相性がどうこうってのは全くもって理解出来ない。もしかしたらストーカーと呼ばれる人種なのかも知れない。
「部長に言われて持って来ました」
さっさと用件を済まして逃げよう。どんなにカッコ良くても変人は変人。春日さんとユノさんだけで既に容量はオーバーしている、これ以上、変人と関わって堪るか。
僕が差し出したコピーをマジマジと見下ろし、五十嵐さんがフッと溜め息をつく。
変人だと分かっていてもカッコ良くて見とれそうになる。
黒い巻き毛と、その下から覗く黒い瞳。春日さんほどではないが、目力が強い。その目を少し細めて困ったように唇を曲げている。
「負けたか」
その唇から漏れた言葉に僕は首を傾げる。何に負けたと言うのだろう。
「そうか……ミス研に入ってしまったのか。春日の思うツボと言うのも悔しいが、考えようによっては予定通りとも言える。それに負けは負けだ、仕方ない」
そう言うと僕の手からコピーを受け取り机の引き出しを開けると、ファイルの中から何やら書類を取り出す。そしてポンと判子を押して僕に渡して来る。
怪訝な顔をしたまま受け取ると、そこには『企画提出書』とあって、『ミステリーツアー』と書かれている。
「何ですか、これ」
「ミス研主催の企画書だ。本来ならこういう企画に許可は出せないのだが、相手はあの春日だからな」
「はぁ……」
まぁ、確かに。春日さん相手に真っ当な事を言っても無駄だと思う。あの人はどんな局面にあっても他人の許可など必要としないだろう。
でも、気の所為なのかも知れないけど、生徒会長の態度が何だか僕の所為で許可を出さざるを得なくなったって感じだったのはどうしてだろう。
「賭けをしてたんだよ。君がミス研に入るかどうか」
……この学校どうなってるんだ。
生徒会長が賭けなんかしていいのか。しかもその内容が意味不明にも程がある。
「安全確認のため、生徒会も同行すると春日に言っておいてくれ」
「はぁ、」
釈然としないながらも、言い返すよりも逃げ出す方を選んだ僕は五十嵐さんに頷いて生徒会室を後にする。
廊下を歩きながら渡された企画書に目を通す。
どうやら空き家で謎解きごっこをするらしい。日時と場所に続いて参加要項が書かれている。参加資格は男子のみ、当日は午後六時に現地集合。動きやすい服装で来るように。
そして最後に但し書き。何があっても口外しない事。
随分、おかしな企画だ。
元々が女子校なのだから生徒数は女子の方が多い。それなのに男子のみだなんて誰も来なかったらどうするつもりなんだろう。それに最後の口外するなってのも変だ。一体、何が起こると言うのか。
ミステリーと言うくらいだから何らかの仕掛けがあるのだろうとは思う。でも、そもそもミス研は僕を除けば春日さんとユノさんの二人きり。か弱いとは言えないような二人だが、女の子だけでどうやって企画の準備をするつもりなのだろう。空き家の持ち主の了解は得たのだろうか。
首を傾げながら部室に戻ると、ソファに座ったまま春日さんが「ご苦労様」とねぎらってくれる。足を組んで軽く身体を斜めに倒した姿勢はまるで女王様のようだった。
「お疲れ、真澄ちゃん」
その声に振り返ると、ティーセットを持ったユノさんがニッコリと笑っている。こっちは不思議の国のアリスだ。だったら僕はさしずめトランプ兵と言ったところか。首を刎ねられないように気を付けよう。
「どうだった?」
その質問に企画書を出すと、それを受け取りながら春日さんが「五十嵐の事だよ」と言う。
「……まぁ、普通にカッコいいと思いますけど」
企画書の『許可』の文字に唇を吊り上げながら「けど?」と揚げ足を取って来る。
「変な人ですよね」
そう答えるとユノさんを顔を見合わせて同時に爆笑する。
クスクスとかアハハとかは物足りない。二人とも身を捩って大爆笑している。春日さんに至ってはソファを叩いて笑い続けている。
「………んはぁっ、おかしい!」
笑い過ぎて酸欠でも起こしたのか、変な声を上げる。
「あの五十嵐が……変って!もう!カッコつけなのに……ああ、想像付く!どうせ、真澄ちゃんの事を何でも知ってるみたいな事を言ったんでしょ」
目に涙を溜めて僕を見つめる。その通りなので返事は省略する。
「はいはい、笑ってお腹が空いた所でおやつにしましょう」
ユノさんが冷蔵庫を開けて何やら取り出す。見るとケーキが入ってそうな白い大きな箱だった。
「今日は真澄ちゃんの歓迎会と言う事で急遽、タルトを用意しました」
ジャーンと効果音を口に言いながら箱を上げる。デコレーションされたケーキのような華やかさはないが、上に乗ったオレンジが美味しそうだった。
「でかした、ユノ」
春日さんが嬉しそうにユノさんを褒める。甘い物が好きなのか、やっぱり女の子だなと思いながら眺めていると、「それで?」と僕に話を振って来る。
「何がですか」
「五十嵐だよ、他に何か言ってなかった?」
「ああ、安全管理の為に同行するとかって」
「ふぅん」
さして興味がないのか、どうでも良さそうに相槌を返して来る。ユノさんが切り分けるタルトに意識が集中しているのかも知れない。そう思った途端、「やっぱりね、一枚噛んで来るか」と呟く。
「え?」
キョトンと聞き返すと、何でもないと言うように緩く首を振る。
そのあとは結局タルトを食べただけで解散となり、春日さんの言葉はうやむやのままになってしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。